サブリミナル


サブリミナルについては
http://www.genic-net.com/103/KOUKA.html
http://vqjapan.com/sub/information.html
http://www.hss.ocha.ac.jp/psych/socpsy/akira/media/sub.htm

のサイトに詳しく書かれているのでこちらを参考にしてもらいたい。
洗脳によく使われる。そして、これほどパワフルな洗脳はないだろう。


サブリミナル効果を利用した過去の例として、有名なものに、コーラのCMというものがある。
映画館で、普通に映画を上映させた場合と、人間の意識では認識できないほどの一瞬に、
あなたはコーラが飲みたくなる」というメッセージを映画のスクリーンの中に紛れ込ませるのである。すると、その日のコーラの売り上げが、そのメッセージを流さない時と比べて、爆発的に伸びたという。もちろん、映画を見ている時に、観客は、まさか、じぶんが「コーラを飲みたくなる」というメッセージを見ていたことなど全く知らない。一瞬であるから、認識できないのだ。人間には認識できないほどの一瞬である。これを映画館側が流した。

現在、アメリカでは、サブリミナル効果を利用したものは法律で禁止されている。


すこしまえに、アメリカのブッシュ大統領選挙の時に、テレビのCMのなかに
「rats]というメッセージを流して問題になったことがあった。
ratsとはねずみのほかに、「卑怯者」という意味がある。
テレビの視聴者に気づかぬうちに、ブッシュを批判的に見るように洗脳したわけだ。これがばれて大問題になった。

人は、「ブッシュは卑怯者」と、他人から直接言われるより、自分の気づかぬうちにこうした形で自分の脳に入り込まれると、批判できないだけに、その情報をそのまま信じやすい。

また、日本の某ハム会社でも、ハムの中に「あなたはこのハムをもう一度買いたくなる」というメッセージを書いたハムを販売して問題になったことがある。



これを読んだ人は、「そんな馬鹿な!ほんの一瞬で、認識できていないのに、洗脳されるわけが無い」と思うだろう。「コーラの売り上げが上がったもの偶然だ」と。

では、前に述べた催眠実験を思い出してほしい。あなたは、水色の柱を見ることが出来なくなった。実は、あのとき、見ていないわけではなかったのである。実は、あなたはあのとき、「水色の柱が見えなくなった!!」と感じている時も、水色の柱を実は見ていたのだ。信じられるだろうか?
しかし、よく考えてみれば当然だろう。あなたの視界にあの柱が入ってきていないわけが無いのであるから。それよりも外側の色を認識することが出来るのに、それより黒点にちかい水色が視界に入ってきていないわけがないではないか!このことより、貴方はあの時、間違いなく、柱を見ていたはずなのである。これをどう説明できるだろうか。


実は、人間には意識と無意識の2つがあって、意識では認識できないが、無意識では認識できると言うことなのだ。だから、我々は見えないと思い込んでいただけで、意識で認識できなかっただけで、無意識では確実に認識していたはずなのである。

サブリミナル現象はこれと同じ理屈である。

back